チャイコフスキー
 
 2024年、最初の新曲になります。今回はかなり前から演る予定だったチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」(もちろん、誰でも知っている第1楽章の冒頭部分だけ...)のカヴァーに、ようやくチャレンジすることにしました。

 まず最初にお断りしておくと、特にピアノソロの中間部は原曲を離れてそーとー「ハデに遊んじゃって」ます。なのでクラシック・ファンの方、どうか怒らないでね...w。

...で、「どう料理するか??」実は最初からは皆目見当が付かなかったので、

「やりながら、試行錯誤で考えた」 w

特にこの曲のスコア、管弦楽の部分は比較的シンプルなのだけれど、ピアノのパートだけが

「コレ、本当に10本の指で、足りるの??」(笑)

みたいな超絶技巧的なコトになっていて、「この部分をどーかわすか??」が、一番の懸案事項になっていました。結果、特にピアノソロの中間部分はモジュラー・シンセで結構ハチャメチャなことを演ることにして、

「なんかこの部分だけ、EL&Pの「展覧会の絵」みたいになっちゃったね...」(笑)

なーんて、自分では思いました。

あと、それ以外のどうしても避けて通れないピアノのパートは、自分で死ぬホド練習をして弾きました(...と、たまには大ウソついてみる w)

最後にくどいよーですが、あくまで「シンフォニックロック」としてカヴァーしたので、「原曲とは全く別モノ」として聴いてくらはい。よろしくお願いします...。

トップページに戻る
 
ファイル名
Tchaiko_Piano_Conce.m4a
AAC
44.1khz
512kbps
16.0MB
4分13秒
ピアノ協奏曲第1番  〜 第1楽章より冒頭
2024/2/9
Welcome to My Cosmo World