マックス・スタイナー
JASRAC許諾済み
 
 2022年8月、ともべの音楽活動リスタートの、第1弾です!!
 再出発に当たってまず選んだのは、映画「風と共に去りぬ」から、有名な「タラのテーマ」です。一発目はゼッタイこれっ!!と、もーずっと前から決めていたノダ...(笑)
 「ともべの映画音楽アレンジ・シリーズ」の中でも、まずぜったい避けて通れない1曲だったのですが、原曲を聴いたことのあるヒトなら判ると思うんだけど、そう簡単に歯が立つようなシロモノではないので、結局このタイミングになっちゃいました。
 なんてったって、作曲者のマックス・スタイナーは、かのグスタフ・マーラーのお弟子さんです。オーケストレーションが複雑で、とーぜん耳でコピーなんかできっこないので、今回初めて制作に際してオーケストラのスコアも使用しました。
 マーガレット・ミッチェルの小説を原作とした映画は、南北戦争時代のアメリカが舞台です。歴史の大転換期の中で、主人公、スカーレット・オハラの半生がドラマティックに描かれます。でもこの映画、厳密に言えば「ギリ戦前の映画(1939年公開)」なんですよねー...この時代に、ここまでダイナミックでスケールの大きい、かつ説得力のある映画を制作できたということ自体に、驚きを隠せません。
 さらに、この「戦争の時代を背景とした映画」は、現在の世界情勢と非常にイメージがダブるものがあります。「戦争の悲惨さ、愚かさ」をより深める意味で、今の時代にも通じる、「古い作品でも今一度、ぜひ観て頂きたい映画」の1つだと思います。
 あと、主人公はスカーレット・オハラなのですが、映画を観ていくとどーしても心惹かれてしまうのは、クラーク・ゲーブル演じるレット・バトラー(元祖、「ちょいワルおやじ w」)と、誠実な優しさのメラニーの方なのですね。
 今回のアレンジでは、原曲のイメージをできるだけ損なわないように仕上げました。原作の映画のように「困難な時代を生き抜く強さ」が、少しでも伝わってくれたら、嬉しく思います。

トップページに戻る
 
ファイル名
Theme_of_Tara.m4a
AAC
44.1khz
512kbps
16.5MB
4分27秒
風と共に去りぬ  〜 タラのテーマ
2022/8/24
Welcome to My Cosmo World