ファイル名  KouKyoushi.m4a
AAC  44.1khz
512kbps 34.5MB
 9分05秒  
 
 2020年に始まった、ともべの「全曲リメイク・プロジェクト」も、この2022年で遂に最後の1曲となりました。最後を飾るのは、2007年にオリジナル・バージョンを制作した、「宇宙交響詩」の続編
   「宇宙交響詩第2番<大惑星>」
の、2022年再録音バージョンです。
 この曲も、オリジナルでは7分ぐらいだったのが、ちょっと構成変えたら9分半にもなっちゃいましたーっ。(笑)。長いのでヒマなときにでも、聴いてやってくらはい。w
 この作品のテーマは、モロに「エニド」(笑)。私のつたない力量で、どれだけ我が敬愛する「エニド的な」作品を創作しうるのか??挑戦してみた作品です。
 なので楽曲の構成的にも、ともべとエニドとの出会いとなった記念すべき名曲「ユーモレスク」の構成を踏襲しているワケなのですが、そこは所詮ともべ、英国ロイヤル・アカデミー出身の大作曲家の先生の作品にタメ張ろうなんて大それたこと、毛頭考えておりません。(笑)足元にも及ばないのは、重々承知。 なのでそこはあくまで「ともべ流の作風で」音楽を作り上げています。
 音楽のテーマは正に「惑星への旅」です。テーマ的には、あんま難しいコトは考えていなくて、あくまでSF的な「宇宙旅行」を音楽で楽しんで頂けたら、と思っています。
 
 
ファイル名 Daiwakusei.m4a
AAC 44.1Khz
512kbps 34.9MB
9分26秒
宇宙交響詩第1番 <魂の闇より光へ>
宇宙交響詩第2番  <大惑星>
トップベージに戻る
 
 2000年にオリジナル・バージョンを制作した、
  「宇宙交響詩第1番 <魂の闇より光へ>」
の、2022年、再録音バージョンです。何と「約9分」もありやがるモンだから、ヒマなときにでも聴いてやってくらはい。(笑)
この曲、元々はネタとなるストーリーがあったんだけど、昨今の社会情勢を鑑みて
  「ざっくり却下」(笑)
もー、全部なかったコトにいたします。
「宇宙をテーマにした、ストーリー仕立ての曲」
とゆーコトで、聴き手の自由なイマジネーションで物語を解釈して頂ければと思います。
 ちなみに1970年代のプログレ全盛期には、どのプログレ・アーティストでも、LPレコード(そーゆー時代ですね(笑))の片面全部で1曲とか、極端なのはLP2枚組全部で、実質1曲(思い当たるヒト、「あ、アレと、アレね...」みたいなw、)といった大作組曲があったワケです。
「ともべも、それ風なコトがやってみたかった」
単に、それだけです。(笑)
なので9分に及ぶ比較的長尺な曲の中で、かなーり極端な場面展開をいたします。
耳がついていかなかったら、ごめんちゃい。(笑) この曲を書いたらしー某アマチュア・ミュージシャン、やっぱどっか壊れ...(以下、省略)w。

宇宙交響詩シリーズ
Welcome to My Cosmo World